投資信託入門ガイド

投資信託の情報が満載♪

トップダウンアプローチってなに?

トップダウンアプローチとは、マクロ経済などを分析してから個別銘柄を決定するというプロセスのことです。

まず大きな視点で経済を分析し、どの商品に金融資産をどれだけ配分するかを決定します。

その次に、それぞれの資産クラスに組み入れるべき銘柄を決定していくのです。

つまり、大から小へ視点を移動しながら分析するスタイルです。

逆に、小から大へ視点を移動する投資対象の決定プロセスをボトムアップアプローチといいます。

こちらは、個別銘柄のファンダメンタルズ分析を中心に投資対象を決定していくものです。

それぞれにメリットとデメリットがあり、投資信託会社それぞれで得意とするスタイルが違います。


投資信託入門ガイドTop

(C) 投資信託入門ガイド
AX