投資信託入門ガイド

投資信託の情報が満載♪

解約時の手数料

投資信託の解約時にかかる手数料として、「信託財産留保額」というものがあります。

ファンドは、多くの投資家の資金を集めて運用されています。

また、アクティブなファンドでは株式比率が高く、現金が手元に少ない状態のときもあります。

解約手続きがあったときに、現金で対応できる場合はいいですが、そうでない場合は株式等を一部売却する必要があります。

そのときにはコストもかかりますし、ファンドマネージャーが思ったような運用ができないなどのデメリットもあります。

それに対応するための備えとして、この手数料が設定されています。

ある意味、ファンドに関わる投資家の利益を守るための公平な手数料といえます。


投資信託入門ガイドTop

(C) 投資信託入門ガイド
AX