投資信託入門ガイド

投資信託の情報が満載♪

目論見書を読もう

投資信託では、コストの安い販売会社を選ぶことが大事です。

しかし、それよりなにより重要なのは、運用会社とファンドマネージャー、そして投資信託そのものを選ぶことです。

これらについて得られるどの情報も、あまり豊富とはいえません。

運用会社の実績はインターネットで調べられますが、それは今後の実績を保証するものではありません。

しかし、たとえそうだとしても、投資信託を選択する際に投資家が必ず目を通すべきものがあります。

それは、「目論見書」です。

投資信託には、その商品ごとに必ずこの目論見書がついています。

そこには、投資対象やベンチマークとする指数、手数料などの必要な情報が全て書かれています。

銀行や郵便局などではすすめられるがままに購入することもあるかもしれません。

しかし、インターネットを利用する場合は、目論見書は簡単に手に入ります。

多くの場合、販売会社や運用会社のWebサイトで、その商品のページにPDFファイルとして置かれています。

評判や実績も大事な情報ですが、目論見書だけは必ず読むようにしましょう。


投資信託入門ガイドTop

(C) 投資信託入門ガイド
AX