投資信託入門ガイド

投資信託の情報が満載♪

ドルコスト平均法

投資をする際に有利に購入する手法として、「ドルコスト平均法」があります。

投資において最も成果が出るのは、いちばん安い株価で買い、いちばん高い株価で売ることです。

しかし、それは非常に難しいことですし、多くの銘柄に分散投資されている投資信託ではなおさらです。

でも、できれば安く買いたいというのが人情です。そんなときに便利なのが、このドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法は、毎月同じ日に、一定額を投資するというものです。

つまり、株価が高いときには少なく買い、安いときには多く買うという方法です。

価格が高いときも安いときも一定額を投資することで、時間的な分散が可能となります。

ただ、この方法は価格が一本調子で上昇した場合は損ですし、明らかに安いときにも大量購入ができません。

メリットとデメリットを理解し、適切な場面で取り入れられるようにしましょう。


投資信託入門ガイドTop

(C) 投資信託入門ガイド
AX